つらいリウマチを改善するためのヒント

リウマチ治療の副作用にお悩みの方へ送る代替医療について

■関節リウマチにお悩みの方へ…

関節リウマチは、関節に起こる炎症がもたらす痛みや腫れ、変形を特徴とする病気。炎症が慢性化すると、関節の骨や軟骨が破壊される可能性もあり、日常生活に支障をきたすことになります。現在は、はっきりしたリウマチの原因はわかっておらず、根治療法はみつかっていません。よって病気の進行を遅らせることが、最善の手段とされています。

リウマチの治療の動向と注目を集める代替医療

代表的な治療法は薬物療法、手術療法、統合療法、先端医療の4種類。
このうち最も一般的な治療法は薬物療法です。リウマチの薬物療法に使用される薬は、痛みと炎症を抑えることのできるステロイド薬や非ステロイド系抗炎症薬などがあります。

また最近では、リウマチに直接作用する抗リウマチ薬も開発されています。しかしこれらの化学薬品には高確率で副作用があり、軽いものから後遺症を残してしまうような重篤なものまで様々。そのため、最近では、副作用のない代替医療として新しいリウマチ治療を選択する方も増えているといいます。

リウマチ治療のより安全な選択肢「代替医療」って?

リウマチの代替医療として用いられる治療法は、以下の3つに大別されます。


健康食品・サプリメント

従来リウマチの栄養療法は、グルコサミンなどの成分を摂取して、症状の1つである関節痛を緩和することが主な目的でした。しかし、近年「紅豆杉」という植物が、リウマチそのものに改善効果を示すことが研究によって明らかにされつつあり、医療機関などでも取り入れられています。


漢方治療

漢方ではリウマチの原因を「気」の不足、つまり、自然治癒力が十分でない状態にあると考えます。リウマチ治療においては、漢方薬単独ではなく、抗リウマチ薬などと併せて使っていくことがほとんど。長期にわたる服用が必要になりますが、自然素材なので副作用はほとんどありません。


鍼灸・マッサージ

自然治癒力を上げることがリウマチ治療の一助になると考え、自律神経のバランスを整えるツボを刺激していきます。鍼灸やマッサージは、患部を直接的に改善するのではなく、あくまで患者の持つ自然治癒力を高めるもの。西洋医学との併用で、さらなる効果を発揮させることができるでしょう。

 

以上の3種類が、副作用などのリスクが少ないリウマチ治療法です。中でも紅豆杉の発見によって、健康食品やサプリメントを用いた治療が多くの学会で注目を集め始めています。通院より手間もかからず、副作用もないというのはかなりのメリット。副作用が気になって治療に踏み出せないよりも、1度試してみる価値はあると思います。リウマチに悩まされている方は、代替医療も併用した治療を検討されてみてはいかがでしょうか。

【特集】リウマチの代替医療に用いられる注目の成分「紅豆杉」とは?≫
中国雲南省の高地に自生している植物、紅豆杉。高さは20メートルをを超え、樹齢は平均3000年とも言われています。地球上の植物の中では最も古い品種で、2億年前からその形を変えておらず…[続きを読む]

 

 
ページの先頭へ